札幌水天宮 札幌市中央区   

祭神


天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
安徳天皇  (あんとくてんのう)
高倉平中宮 (たかくらたいらのちゅうぐう)
二位尼時子 (にいのあまときこ)
大國魂命  (おおくにたまのみこと)
大己貴命  (おおなむちのみこと)
少彦名命  (すくなひこなのみこと)

由緒


1884年(明治17年)     旧久留米藩士水野源四郎翁が、九州久留米水天宮本宮より御分霊を奉戴し、札幌市南2条西4丁目に祀る。
1885年(明治18年)     鴨々川畔の佐藤源八郎邸に祀られる。
1888年(明治21年)     現在地に移転し、社殿を建てる。
1985年(昭和60年) 7月25日 御創祀百年奉祝祭が斎行される。

境内


境内  中島公園側の参道入り口。

境内  鳥居。
 中島公園と反対側に建つ。

境内  手水舎。

境内  社殿。

境内  狛犬 阿形。

境内  狛犬 吽形。

境内  社殿前の狛犬とは別に、参道と平行に狛犬が一対置か
 れている。


摂末社


摂末社  境内の摂社1。
 神社名・祭神不明。

摂末社  境内の摂社2。
 神社名・祭神不明。


参拝ガイド


【所在地】
札幌市中央区南9条西4丁目6番20号

【交通機関】
札幌市営地下鉄
 南北線 中島公園駅 下車 徒歩5分

【車】
境内に駐車可。あまり広くないので、近くの駐車場をご利用下さい。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
札幌市交通局



スポンサーリンク


参考ホームページ


北海道神社庁 札幌水天宮




スポンサーリンク



参考:北海道神社庁ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)
   さっぽろ文庫 39 札幌の寺社

inserted by FC2 system