十軒神明宮 札幌市北区  篠路神社の境外末社

祭神

 
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
 

由緒

 
1871年(明治 4年)   南部盛岡藩からこの地に、10戸が入植した
           ※ 1937年(昭和12年)以前は正式な地名だった「十軒」は、初めて入植した戸数が10戸だった由来による。
1898年(明治31年)10月 篠路村十軒地区(当時)の入植者が祠を建立し、篠路神社より天照皇大神の分霊を受け創祀する。
1926年(大正15年)   六坪の社殿を新築する。
1981年(昭和56年)   現社殿を建立する。
※由緒は不明な点も多いので、継続して調査中です
 

境内

 
境内  鳥居から社殿を望む。

境内  社名碑。

境内  手水鉢。

境内  社殿。

 

石碑等


石碑  十軒開基百二十年碑。

石碑  大萱生家開拓記念碑。


参拝ガイド

 
【所在地】
札幌市北区篠路町上篠路312番地

【交通機関】
バス
 札幌市営地下鉄 東豊線 栄町駅から
   北海道中央バス [栄21 栄町篠路線] 篠路10条4丁目行き 十軒神社 下車 徒歩約1分

【車】
駐車場なし。
勝手ながら、隣接する十軒会館の駐車場に止めさせていただきました。。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
札幌市交通局
北海道中央バス
 
/iframe>

参考ホームページ

 
北海道神社庁 篠路神社
ウィキペディア 篠路神社
札幌市北区役所ホームページ 歴史と文化




スポンサーリンク



参考:北海道神社庁ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)
   札幌市北区ホームページ
   さっぽろ文庫 39 札幌の寺社

inserted by FC2 system