豊平神社 札幌市豊平区  旧社格:郷社

祭神


上毛野田道命(かみつけのたみちのみこと)
大山祇神  (おおやまつみのかみ)
倉稲魂命  (うがのみたまのみこと)

由緒


1871年(明治 4年)   阿部仁太郎が、郷里青森の猿賀神社の祭神である上毛野田道命を祀った小祠を建てる。
1884年(明治17年)   社殿を新築する。
1889年(明治22年)   公認神社となる。
1919年(大正 8年)   村社に列各した。
1943年(昭和18年)   郷社に昇格した。
1951年(昭和26年)12月 針供養の碑が建立される。
1977年(昭和52年)   社殿及び社務所を造営する。

境内


境内  鳥居。
 国道36号線に面している。
 この国道36号線は、非常に交通量が多い幹線道路な
 ので、車で参拝する方はご注意下さい。

境内  手水舎。

境内  社殿。

境内  狛犬 阿形。
 道内の狛犬としては珍しく彩色されている。

境内  狛犬 吽形。


石碑等


石碑  交通安全記念碑。
 記念碑の両脇に、狛犬が建っている。

石碑  針供養の歌碑。


参拝ガイド


【所在地】
札幌市豊平区豊平4条13丁目1-18

【交通機関】
札幌市営地下鉄
 東豊線 豊平公園駅 下車 徒歩約8分
バス
 JR札幌駅から
   北海道中央バス [74/80/85/86/88/96/113/広島線他 月寒通方面] 豊平3条12丁目 下車 徒歩約3分

【車】
駐車場あり(境内)。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
札幌市交通局
北海道中央バス



スポンサーリンク


参考ホームページ


豊平神社 公式ホームページ
北海道神社庁 豊平神社
ウィキペディア 豊平神社




スポンサーリンク



参考:豊平神社公式ホームページ
   北海道神社庁ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)
   さっぽろ文庫39 札幌の寺社

inserted by FC2 system