石山神社 札幌市南区   
 
札幌市南区で唯一神職が常駐している神社です。
 

祭神


天照大御神(あまてらすおおみかみ)
※かつては豊受大神、春日大神、八幡大神等も祀られていたが、宗教法人の設立時に祭神を天照大御神一柱とし、其の他の祭神は従来の
 石文をもって社殿側面に奉斎した。


由緒


1885年(明治18年)   石山神社として設立される。神社設立までは、この地に移住した札幌軟石の採石や加工の職人が、それぞれ
           故郷の氏神や職業守護の神を信奉して、その地区ごとに石碑を建てて祀っていた。
1891年(明治24年)   碑石「山乃神」が、平岸村穴の沢(現在の石山2条2丁目2-18)に建立される。
1910年(明治43年)   「山乃神」碑を現在地に移転し、社殿を建立する。
1927年(昭和 2年)   神殿を改築する。
1970年(昭和45年)   宗教法人として設立される。
1980年(昭和55年)   社務所を新築する。
1985年(昭和60年)   石山神社100周年事業として、社務所の増築、神殿の外装、参道の軟石舗装を行う。
2000年(平成12年)   仮設舞台に代わるものとして神楽殿が新築される。
2006年(平成18年) 2月 社務所兼社宅の建設により、南区初の神職常駐となる。
2015年(平成27年) 8月 鎮座130年事業として、伊勢神宮より賜った御用材を使用し、神殿が新築される。


境内


境内  鳥居から境内を望む。

境内  手水舎。

境内  社殿。
 竣工は平成27年8月31日。
 施工は木の城たいせつ。
 【注意】施工会社は、経営破たんした旧木の城たいせつ
     のブランドを引き継いだ、新しい「木の城たい
     せつ」です。

境内  狛犬 阿形。
 明治33年8月20日奉納。

境内  狛犬 吽形。



石碑等


石碑  石山開基百年記念碑。

石碑  山乃神の石碑。
 石山神社の起源である神体。
 1891年(明治24年)に石山1区の辻石材店の裏、平岸村字
 穴の沢に建立され、1910年(明治43年)に現在地に移転し
 た。

石碑  忠魂碑と招魂碑。



参拝ガイド


【所在地】
札幌市南区石山2条3丁目254番地

【交通機関】
バス
 JR札幌駅前から
   じょうてつバス [7] 定山渓車庫前行き/豊平峡温泉行き/藤野4条11丁目行き/豊滝行き 石山小学校 下車 徒歩約3分
 札幌市営地下鉄 南北線 真駒内駅から
   じょうてつバス [南95] 石山1条6丁目行き 石山小学校 下車 徒歩約3分

【車】
駐車場あり。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
札幌市交通局
じょうてつバス
 
 
 

参考ホームページ


北海道神社庁 石山神社
ウィキペディア 石山神社
札幌市南区 ふるさと小百科





スポンサーリンク



参考:北海道神社庁ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)
   札幌市南区役所ポータルサイト
   さっぽろ文庫39 札幌の寺社

inserted by FC2 system