定山渓神社 札幌市南区   
 
 

祭神


大己貴神 (おおなむちのかみ)
少彦名神 (すくなひこなのかみ)
大山祇神 (おおやまつみのかみ)
罔象女命 (みつはのめのみこと)
金山彦神 (かなやまひこのかみ)
美泉定山命(びせんじょうざんのみこと)

由緒


1866年(慶応 2年)     アイヌの道案内により美泉定山が温泉を発見し、湯治場をつくる。
1905年(明治38年)     7人の入植者によって神社が建立される。
1918年(大正 7年)     木造神明式本殿に改築される。
1950年(昭和25年)     定山渓温泉の礎を築いた美泉定山を合祀する。
1953年(昭和28年) 6月20日 鹿の湯クラブに於いて総代が会議を行い、宗教法人設立について意見を交わす。
1956年(昭和31年) 6月 8日 宗教法人定山渓神社として登記完了する。
2011年(平成23年)     雪灯路が初開催される。

境内


境内  鳥居と社名碑。
 国道230号線に面している。

境内  手水舎。
 無人の神社としては珍しく水が出ていた。
 訪れる外国人観光客も少なくないらしく、「飲料水では
 ありません」が日本語以外でも記載されていた。

境内  社殿。
 通常は無人の神社なので、御朱印の対応はない。

境内  鳥居側の狛犬 阿形。
 昭和三年十月建立。

境内  鳥居側の狛犬 吽形。

境内  社殿側の狛犬 阿形。
 昭和九年十月建立。

境内  社殿側の狛犬 吽形。



石碑等


石碑  境内社、および石碑。
 境内社の前には狛犬が置かれている。
 神社名等は不明。



参拝ガイド


【所在地】
札幌市南区定山渓温泉東3丁目

【交通機関】
バス
 JR札幌駅前から
   じょうてつバス [快速7 快速8] 定山渓車庫前行き/豊平峡温泉行き 定山渓神社前 下車すぐ
   じょうてつバス [かっぱライナー号] 豊平峡温泉行き 定山渓神社前 下車すぐ
 札幌市営地下鉄 南北線 真駒内駅から
   じょうてつバス [12] 定山渓車庫前行き 定山渓神社前 下車すぐ

【車】
駐車場なし。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
札幌市交通局
じょうてつバス
 
 
 

雪灯路(ゆきとうろ)


毎年、1月末頃(2018年は1月31日~2月4日)に開催される雪灯路。
揺れるローソクが境内を幻想的に照らす。
定山渓温泉街から会場の定山渓神社まで、無料のシャトルバスも運行されている。
もし開催期間中に定山渓温泉に宿泊された方は、ぜひ足を運んでほしい。
会場は「インスタ映え」間違いなし。

雪灯路  雪灯路の期間の社殿。
 ライトアップはされていない。
 建物自体の照明と、境内のローソクで照らされている。

雪灯路  社殿前のローソク。
 日没間近になると、一つ、また一つと火が灯される。

雪灯路  会場となる境内には、沢山の氷と火のオブジェが並ぶ。
 充分「インスタ映え」している。


参考ホームページ


北海道神社庁 定山渓神社
ウィキペディア 定山渓温泉
札幌市南区 ふるさと小百科





スポンサーリンク



参考:フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)
   札幌市南区役所ポータルサイト
   さっぽろ文庫 39 札幌の寺社

inserted by FC2 system