星置神社 札幌市手稲区  

以前は無人の神社だったが現在は神職が常駐しており、厄払い・七五三・その他お祓いを受ける事ができます。

祭神


天照大御神(あまてらすおおみかみ)
豊受大神 (とようけおおかみ)
大己貴神 (おおなむちのかみ)


由緒


1884年(明治17年)   広島県佐伯郡から約16戸の入植により、星置の開拓が始まる。
1887年(明治20年)頃  星置1503番地(現星置1条7丁目18)に小詞を建立し、郷里より捧持した御祭神を奉斎する。
1912年(明治45年)   現在地に移転する。
1913年(大正 2年) 9月 星置開村30年の開村記念碑と共に軟石造りの小社を建立する。
1973年(昭和48年) 9月 現在の社殿を御造営する。
1979年(昭和54年)   宗教法人として認定される。
1998年(平成10年)   星置農事実行組合の奉賛により、東参道の造成や上下水道敷設等、境内の整備が行われる。
2013年(平成25年)   御遷座百年記念事業として、社殿・社務所の増改築工事を行う。


境内


境内  鳥居。
 国道5号線から石段を登った所に建つ。
 天気が良ければ、日本海を望む事ができる。

境内  手水舎全景。

境内  手水舎の吐水口。
 龍ではなく蛙が水を吐いている。

境内  社殿。
 1973年(昭和48年)造営。
 近寄ると雅楽が流れます。

境内  冬の社殿。
 近隣の方々に神職の常駐が知れ渡っていないのか、あま
 り混雑していない。
 手稲区星置周辺にお住まいの方に、ぜひ参拝をお勧めし
 たい。

境内  狛犬 阿形。

境内  狛犬 吽形。



石碑等


石碑  星置開村30年の開村記念碑。

石碑  開基百年記念碑。

石碑  撫蛙(なでかえる)。
 この蛙を撫でるとご利益あり。

石碑  冬になると撫蛙は「小屋」に収まる。
 小屋に隠れているので、撫で「隠れ」蛙。
 扉を開くと撫でる事ができる。

石碑  鳥居の横の撫蛙。
 こちらは「かまくら」に収まっていた。

石碑  弘法大師堂。
 お堂の中には撫蛙(なでかえる)。
 「かえる」だらけの星置神社。
 ご利益は「無事帰る」「若返る」「栄える」等、多数。



参拝ガイド


【所在地】
札幌市手稲区星置南1丁目8番地1

【交通機関】
JR北海道
 函館本線 ほしみ駅 下車 徒歩10分(星置駅よりほしみ駅の方が近い)
バス
 札幌市営地下鉄 東西線 宮の沢駅から
   JR北海道バス [宮59 星置線] 星置駅行 又は [宮65 小樽線]小樽駅行き 星置橋 下車 徒1分

【車】
駐車場あり。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
JR北海道
札幌市交通局
JR北海道バス



駐車場への経路




スポンサーリンク


参考ホームページ


北海道神社庁 星置神社
手稲神社公式HP 山口神社・星置神社のご紹介





スポンサーリンク



参考:北海道神社庁ホームページ
   手稲神社公式ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)
   さっぽろ文庫 39 札幌の寺社

inserted by FC2 system