恵庭神社 恵庭市  旧社格:村社

祭神


天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
稲荷大神 (いなりおおかみ)
春日大神 (かすがのおおかみ)

由緒


1893年(明治26年) 9月 漁川堤防地に春日大神を奉斎して春日神社を創建する。
1895年(明治28年)   島松赤玉神社及び天照大神を合祀する。
1924年(大正13年)   漁太稲荷神社を合併する。
1927年(昭和 2年)   恵庭神社として創立の許可を受ける。
1928年(昭和 3年)   村社に列各した。
1946年(昭和21年)   宗教法人設立。

境内


境内  社名碑。

境内  鳥居。

境内  手水舎。

境内  社殿。

境内  社殿の軒に五望星。

境内  狛犬 阿形。

境内  狛犬 吽形。


石碑等


石碑  石灯籠。
 

石碑  干支が刻まれていた。



参拝ガイド


【所在地】
恵庭市中央10番地

【交通機関】
最寄の公共交通機関なし。
(恵庭市内のコミュニティバス路線からも離れた場所に建っている)

【車】
駐車可。境内に乗り入れの状態。
 


参考ホームページ


北海道神社庁 恵庭神社
恵庭市




スポンサーリンク



参考:北海道神社庁ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)

inserted by FC2 system