音江別神社 北広島市  
 

祭神


天照大御神
八幡大御神


由緒


1883年(明治16年) 三重県からの入植者 渡辺作左ヱ門が、伊勢神宮から御神札を受けて小祠を建立。
1997年(平成 9年) 道道46号線の拡幅工事に伴い、廃レールを使用した旧鳥居が撤去され、今の鳥居が建てられる。


境内


境内  社名碑。

境内  鳥居。
 平成九年に取り壊わされた旧鳥居は、北海道鉄道の札幌線
 (現JR千歳線)の建設時に、作業員が廃レールで建てた
 との事。

境内  手水鉢。
 なぜか無残に割れている。

境内  社殿。

境内  境内に隣接して建つレンガの建物。
 集会場らしい。



石碑等


石碑  三上先生之碑。
 この地で教鞭をとった旧津軽藩士の三上先生を称える碑。



参拝ガイド


【所在地】
北広島市南の里538-1

【交通機関】
公共交通機関なし
(JR北海道バスの路線は廃止されています)

【車】
鳥居横に駐車可。




参考ホームページ


北広島市 公式ホームページ 「40.国鉄千歳線と音江別神社」
ウィキペディア 北広島市





スポンサーリンク



参考:北広島市 公式ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)

inserted by FC2 system