樽川神社 石狩市 

祭神


天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
豊受大神 (とようけのおおかみ)


由緒


1882年(明治15年)     樽川村が開村される。
1887年(明治20年)     樽川村入植者の目貫昇太郎外数名により小祠が建立される。
1902年(明治35年)     樽川村と花畔村の合併により、所在地が花川村となる。
1904年(明治37年) 5月   樽川神社創立を出願する。
1906年(明治39年) 3月16日 内務大臣より創立を許可される。
1907年(明治40年)     花川村と石狩町の合併により、所在地が石狩町となる。
1946年(昭和21年) 6月28日 宗教法人法による宗教法人となる。
1972年(昭和47年) 9月   石狩湾新港開発に伴い、現在地へ移転する。
1996年(平成 8年)     石狩町が市制施行し、所在地が石狩市となる。


境内


境内  鳥居。

境内  手水舎。

境内  社殿。
 シャッターが下りているが、賽銭投入口があるので、
 問題無くお賽銭を納めることができる。

境内  狛犬 阿形。
 大小の狛犬が対になっている。

境内  狛犬 吽形。



石碑等


石碑  二宮金次郎(二宮尊徳)象。
 皇紀二千六百年記念と刻まれている。
 (皇紀二千六百年 = 西暦1940年 = 昭和15年)

石碑  開村五十年記念碑。
 

石碑  開村百年碑。
 

石碑  地神塔。
 



参拝ガイド


【所在地】
石狩市樽川332番地

【交通機関】
バス
 札幌市営地下鉄 南北線 麻布駅から
   北海道中央バス [麻13/麻14他 屯田線] 花畔行き/石狩庁舎前行き 花川4条1丁目 下車 徒歩約5分
                    ※花畔=ばんなぐろ
   中央バス札幌ターミナル/地下鉄東豊線栄町からの便もあり

【車】
鳥居の横に駐車可能。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
札幌市交通局
北海道中央バス
 
 
 

参考ホームページ


北海道神社庁 樽川神社
ウィキペディア 樽川神社




スポンサーリンク



参考:北海道神社庁ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)
   石狩市役所ホームページ

inserted by FC2 system