幌稲荷神社 石狩市  旧社格:村社

祭神


稲荷大神(いなりおおかみ)


由緒

 
1885年(明治18年)     三上勝太郎等によって創建された。
2001年(平成13年) 7月10日 新社殿が造営される。
2005年(平成17年)     浜益村が石狩市に編入合併され、所在地が石狩市となる。


境内

 
神社  鳥居及び社名碑。

神社  手水鉢。

神社  社殿。
 内部を覗いてみたら、綺麗でした。

 

参拝ガイド

 
【所在地】
石狩市浜益区幌1200番

【交通機関】
バス
 JR札幌駅(札幌駅前ターミナル)から
   沿岸バス [特急はぼろ号(増毛経由便)] 幌 下車 徒歩約1分
     ※一日一往復、公共交通機関での参拝は困難です
     ※北海道神社庁のホームページには、交通機関に「中央バス」とありますが、路線は廃止されました

【車】
駐車場なし。
鳥居の前になんとか駐車。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
沿岸バス



参考ホームページ

 
北海道神社庁 幌稲荷神社




スポンサーリンク



参考:北海道神社庁ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)
   石狩市公式ホームページ

inserted by FC2 system