中小屋神社 石狩郡当別町

祭神


大國主命(おおくにぬしみこと)
応神天皇(おうじんてんのう)


由緒


1921年(大正10年) 開拓当時それぞれの移住地に祀られた4社を1社に統合し、現在地に中小屋神社として祀った。
1985年(昭和60年) 中小屋地区開基百年記念事業奉賛会を結成し、1800万円の募財により現社殿をご造営する。


境内


 鳥居と社名碑。

 手水鉢。

 社殿。
 中小屋地区開基百年記念事業で昭和60年に造営。
 綺麗に整備されている。

 狛犬 阿形。

 狛犬 吽形。



石碑等


 当別開田元祖記念碑。



参拝ガイド


【所在地】
石狩郡当別町中小屋4788番地

【交通機関】
JR北海道
 学園都市線(札沼線) 本中小屋駅 下車 徒歩15分
 【注意】列車の本数が少ない上、路線の廃止が持ち上がっています

【車】
駐車場なし。
隣接する清林公園に駐車できる(明確な駐車場ではないが)。
中小屋神社は、交通量が多い(走行速度も速い)国道275号線に面しています。車を止める時は注意して下さい。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
JR北海道
 


その他あれこれ


清林公園が中小屋神社に隣接している。春は桜が綺麗らしい。

 隣接する清林公園の看板。



参考ホームページ


北海道神社庁 中小屋神社




スポンサーリンク



参考:北海道神社庁ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)

inserted by FC2 system