三川神社 夕張郡由仁町

祭神


天照大御神(あまてらすおおみかみ)


由緒


1895年(明治28年) 4月17日 三川に三河国(愛知県)新川町から加藤平五郎が19人の小作人をつれて移住する。
             移住の日に、入植者が三川開拓の守護神として三川神社を創立する。
1897年(明治30年) 2月16日 北海道炭礦鉄道の駅として、三川駅が開業する。
1970年(昭和45年) 6月 6日 神社本庁の承認を受ける。
         8月25日 北海道知事の認証を受ける。
         9月 7日 宗教法人として登記される。


境内


神社  社名碑と鳥居。

神社  手水舎。

神社  社殿。

神社  狛犬 阿形。

神社  狛犬 吽形。

神社  「御神燈」の上に載る狛犬。



参拝ガイド


【所在地】
夕張郡由仁町三川旭町199番地

【交通機関】
JR北海道
 室蘭本線 三川駅 下車 徒歩10分
バス
 JR岩見駅(岩見沢ターミナル)から
   北海道中央バス [岩見沢・三川線] 三川駅行き 三川神社前 下車 徒歩約1分
   ※本数は非常に少ないです

【車】
鳥居の横に駐車可。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
JR北海道
北海道中央バス

 


参考ホームページ

 
北海道神社庁 三川神社
由仁町公式ホームページ




スポンサーリンク



参考:由仁町公式ホームページ
   北海道神社庁ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)

inserted by FC2 system