栗山天満宮 夕張郡栗山町  旧社格:村社

栗山天満宮のお祭りは、北海道内最後の秋祭りです。
このため、北海道内を巡っていた屋台が集結するため、出店の規模が最大のお祭りと言われています
初詣は、北海道日本ハムファイターズの栗山監督が太鼓を打ち鳴らします。

祭神


菅原道真公(すがはらのみちざねこう)


由緒


(年代不詳)    夕張川沿に散住していた7,8戸の開拓者が森林の中に祭壇を設け、小祠を形成し崇拝していた。
         アイヌの口碑によると古来神を祀る霊境であったとされる。
1888年(明治21年) 富山・宮城県人が入植して開拓が進められる。
1891年(明治24年) 栗山神社と称し小社殿を建築し、太宰府天満宮のご分霊を奉祀、菅原道真公をご祭神として創始される。
1893年(明治26年) 北海道炭礦鉄道(現JR室蘭本線)の栗山駅が開業した。
1925年(大正14年) 社殿、拝殿を大々的に造営する。
1926年(大正15年) おみこし殿が造営される。
1929年(昭和 4年) 村社に昇格する。
1952年(昭和27年) 宗教法人法に基づき栗山天満宮と改称する。
1968年(昭和43年) 開道100年を期し、新本殿・拝殿。社務所の造営に着手する。
1969年(昭和44年) 現境内地に、新本殿・拝殿・社務所が完成する。


境内


神社  鳥居と社名碑。
 鳥居は1969年(昭和44年)9月建立。

神社  手水舎。

神社  社殿。

神社  狛犬 阿形(鳥居側)。
 創記百年記念として1985年(昭和60年)5月奉納。

神社  狛犬 吽形。

神社  狛犬 阿形(裏参道側)。
 台座には何も刻まれていなかったため、奉納日は不明。

神社  狛犬 吽形。



参拝ガイド


【所在地】
夕張郡栗山町桜丘2丁目32番地1

【交通機関】
JR北海道
 室蘭線栗山駅 下車 徒10分
バス
 札幌駅前ターミナルから
   北海道中央バス [高速くりやま号] 栗山駅行き 終点 下車 徒歩約10分
 新札幌バスターミナルから
   夕鉄バス [新さっぽろ駅前線] 栗山駅/南部行き 栗山駅 下車 徒歩約10分

【車】
駐車場あり。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
JR北海道
北海道中央バス
夕鉄バス



スポンサーリンク


例祭


例祭日 9月25日
栗山天満宮秋季例大祭として 9月24日~26日に開催


その他あれこれ


祭神は菅原道真公。ご存知のとおり学問の神様。
栗山町周辺の受験生に「最適」な神社です。
尚、栗山天満宮で結婚式も行えます。

神社  境内の絵馬。
 祭神が学問の神様なので、合格祈願の絵馬が多い。


栗山神社の建つ栗山町には、日本ハムファイターズの栗山監督が住んでいます。
監督の自宅隣にログハウスがあり、内部は野球博物館になっています。
今では栗山町の「観光名所」になっており、日本ハムファイターズのファン以外の方でも楽しめます。

神社  栗の木ファームのログハウス。
 見学無料です。

神社  ログハウス内に栗山天満宮のお札。
 ご利益で、チームは2016年に日本一となった(?)



参考ホームページ


栗山天満宮 公式ホームページ
北海道神社庁 栗山天満宮
栗山町 公式ホームページ
ウィキペディア 栗山英樹





スポンサーリンク



参考:栗山天満宮公式ホームページ
   北海道神社庁ホームページ
   栗山町 公式ホームページ
   栗山町 栗山町史 第一巻
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)

inserted by FC2 system