晩生内神社 樺戸郡浦臼町

祭神


天照大神(あまてらすおおかみ)
大國主命(おおくにぬしみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)
天香山命(あめのかぐやまのみこと)


由緒


1896年(明治29年) 9月   関矢才五郎・岩村八作が中心になって創立した。
1931年(昭和 6年)     鳥居、玉垣石段、社殿を造営する。
1935年(昭和10年) 6月 1日 無格社として公認される。
1953年(昭和28年) 3月 2日 宗教法人として認可される。


境内


 社名碑と参道への石段。
 境内へはこの石段を登るが、かなり痛んでいる。
 石段が濡れている場合は、右側の道を進んだ方が安全。

 鳥居(二の鳥居)。

 手水鉢。

 社殿。

 狛犬 阿形。

 狛犬 吽形。

 参道の横の道。
 石段が濡れていなくても、下り(帰り)はこちらを通る
 事をお勧めします。



石碑等


 境内の石碑。文字が磨耗しており、何の石碑が不明。



参拝ガイド


【所在地】
樺戸郡浦臼町字晩生内31番地

【交通機関】
JR北海道
 学園都市線(札沼線) 晩生内駅 下車 徒歩約4分
 【注意】列車の本数が少ない上、路線の廃止が持ち上がっています
バス
 JR札沼線 浦臼駅から
   浦臼町営バス [晩生内線] 石狩新宮行き 晩生内市街前 下車 徒歩約5分
  【注意】この路線は一日1本しか運行されていません

【車】
駐車場あり。
参道への石段の横に駐車場があります。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
JR北海道
浦臼町公式 交通アクセス



参考ホームページ


北海道神社庁 晩生内神社




スポンサーリンク



参考:北海道神社庁ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)
   浦臼町公式ホームページ

inserted by FC2 system tml>