真龍神社 雨竜郡北竜町  旧社格:村社

祭神


天照大神(あまてらすおおかみ)
八幡大神(はちまんおおかみ)


由緒


1893年(明治26年) 5月   千葉県の団体が入植する。入植者たちは、和35番地3に木柱を建て、天照皇大神・八幡大神を奉斎した。
1898年(明治31年)     2坪の社を建立、郷里の神社より正式に御分霊を戴き奉斎した。他に、渡辺農場、三谷農場、和川端の各地区
             にもそれぞれ神社が建立されていた。
1921年(大正10年) 8月   各地区に建立されていた神社を、敷地と一部造営費用の寄附を条件として和神社境内に建立するという事で
             合併を決定する。
1922年(大正11年)     4社を合祀し社殿を元和神社の境内地に建立、社名を真龍神社とした。
1924年(大正13年)11月15日 無格社として公認される。
1927年(昭和 2年) 1月14日 村社に昇格する。
1944年(昭和19年)11月25日、社務所を改築した。


境内


神社  社名碑。

神社  鳥居。

神社  手水舎。

神社  社殿。

神社  狛犬 阿形。

神社  狛犬 吽形。



摂末社


神社  相馬神社。



石碑等


神社  忠魂碑。

神社  謝恩碑。



参拝ガイド


【所在地】
雨竜郡北竜町字和1番地17

【交通機関】
バス
 JR滝川駅(滝川ターミナル)から
   北海道中央バス [滝川北竜線] 碧水市街行き 和 下車 徒歩約3分
 深川十字街(JR深川駅近く)から
   空知中央バス [北竜線] 北竜温泉行き 和 下車 徒歩約3分

【車】
駐車場なし。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
空知中央バス
北海道中央バス



参考ホームページ


北海道神社庁 真龍神社
北竜町 公式ホームページ





スポンサーリンク



参考:北海道神社庁ホームページ
   北竜町 公式ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)

inserted by FC2 system