沼田神社 雨竜郡沼田町  旧社格:郷社

大型のあんどんが繰り出す夜高あんどん祭りで有名。

祭神


天照大御神(あまてらすおおみかみ)


由緒


1894年(明治27年)     富山県からの移住者が、郷里から捧持してきた伊勢神宮の御分霊を、笹茸き小屋に奉斎する。
1895年(明治28年)     開墾委托株式会社所在地に小社を建立、開拓の守護神として奉祀した。
1903年(明治36年)     開墾委托株式会社が沼田高台に移転、同時に新社殿を建立して東龍神社となった。
1908年(明治41年)     沼田市街地に移転する。
1932年(昭和 7年)     沼田神社の創立が許可される。
1934年(昭和 9年)     社殿を建立して現在地に遷座した。
1937年(昭和12年)     拝殿を建立した。
1940年(昭和15年)     村社に列格した。
1944年(昭和19年)11月   郷社に昇格した。
1947年(昭和22年)     町制が施行され、所在地が雨竜郡沼田町になる。
1968年(昭和43年)     境内地に沼田町開拓社を造営する。
1994年(平成 6年) 9月   御創祀百年臨時大祭を斎行。百年事業で開拓社鞘殿を造営した。
1994年(平成 6年)12月 3日 真布神社(明治45年創祀、祭神:天照大神)を合祀する。


境内


 鳥居から拝殿。

 手水舎。

 拝殿。

 拝殿と棟続きの本殿。

 神社入り口寄りの狛犬。

 拝殿寄りの吽形。



摂末社


 沼田町開拓社。
 沼田町開拓の祖、沼田喜三郎翁の業績を讃え、『沼田喜
 三郎翁命』を祭神として奉斎している。



石碑等


 沼田神社御創祀百年之碑

 忠魂碑。



参拝ガイド


【所在地】
雨竜郡沼田町北1条5丁目1番71号

【交通機関】
JR北海道
 留萌本線 石狩沼田駅 下車 徒歩約5分
バス
 JR函館本線 深川駅から(駅最寄停留場は深川十字街)
   空知中央バス [沼田線] 深川市立病院前発 沼田駅前行き 終点下車 徒歩約5分

【車】
駐車可(境内)。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
JR北海道
空知中央バス
中央バス時刻表検索システム



スポンサーリンク


その他あれこれ


雨竜郡沼田町は、道内唯一の喧嘩あんどん祭りである沼田町夜高あんどん祭りで有名。
毎年、8月の末頃に開催される(正確な開催日は、沼田町公式ホームページ等を参照願います)。


参考ホームページ


北海道神社庁 沼田神社
北海道沼田町 公式ホームページ





スポンサーリンク



参考:北海道神社庁ホームページ
   沼田町公式ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)

inserted by FC2 system tml>