天満宮(小樽) 小樽市  旧社格:村社

菅原道真公を祀った天満宮。小樽市内の受験生にぜひ参拝をお勧めしたい。

祭神


菅原道真朝臣(すがわらみちざねあそん)
保食神   (うけもちのかみ)


由緒

 
1867年(慶応 3年)   小樽港新地町に勧請する。
1878年(明治11年)   奥澤村字オネナイ(天神小学校隣)に本社が創立され、無格社となる。
1894年(明治27年) 4月 暴風の為社殿が破壊される。
1896年(明治29年)   奥澤村147番地(天神会館横隣)の800坪を買収し移転遷座する。
1933年(昭和 8年) 8月 社殿境内が手狭になり社殿腐朽甚だしくなった為、上隣の現在地を2000坪ほど買収して移転遷座する。
1940年(昭和15年)   村社に列する。
1953年(昭和28年)   宗教法人となる。


境内


神社  鳥居。

神社  社殿。
 細かな彫刻が施されている。

神社  狛犬 阿形。
 真冬に参拝したので、雪に埋もれている。

神社  狛犬 吽形。



参拝ガイド


【所在地】
小樽市天神1丁目9番21号

【交通機関】
バス
 JR小樽駅から
   北海道中央バス [16 奥沢線] 天神町行き 天満宮下 下車 徒歩約2分
 ※北海道新幹線の新小樽駅が900m離れた場所に建設予定です

【車】
駐車場なし。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
JR北海道
北海道中央バス
 


スポンサーリンク


参考ホームページ


北海道神社庁 天満宮(小樽市)
ウィキペディア 天満宮





スポンサーリンク



参考:北海道神社庁ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)

inserted by FC2 system