潮見ヶ岡神社 小樽市  旧社格:村社

祭神


保食神   (うけもちのかみ)
八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)
天香語山神 (あめのかごやまのかみ)
藤原三吉神 (ふじわらのみよしのかみ)


由緒


1842年(天保13年)     小樽市マツトマリ(現若竹町)に保食神を祀る一社が創立される。
             (明治7~8年頃、付近に鎮座していた八重事代主神を合祀)
1863年(文久 3年)     小樽市カツチナイ(現勝納町)に保食神を祀る一社が創立される
1910年(明治43年)12月27日 マツトマリとカツチナイの2社を合祀し、穂垂稲荷神社と社名を改称して無格社となる。
1916年(大正 5年) 9月19日 崇敬者の希望により、天香語山命・藤原三吉神を合祀する。
1917年(大正 6年)     明治44年8月の皇太子殿下御巡啓港内巡覧の際の御乗船屋形が下付され、記念として原型のまま保存する
             こととし大正殿と称した。
1919年(大正 8年)     汐見台町官有地境内地に本殿造営が許可され、6月26日に竣功を届け出、7月4日に遷座される。
1924年(大正13年) 4月   手宮裡町稲荷神社(→小樽稲荷神社)の改称により、「穂垂稲荷神社」と同訓となり不都合なため、潮見
             ケ岡神社と改称する。
1943年(昭和18年)11月28日 社殿を造営する。
1946年(昭和21年)11月21日 村社に昇格する。


境内


 社名碑。

 鳥居から社殿を望む。

 手水舎。

 社殿。

 狛犬 阿形。

 狛犬 吽形。



石碑等


 頌徳の石碑。



参拝ガイド


【所在地】
小樽市若竹町1番10号

【交通機関】
JR北海道
 函館本線 小樽築港駅 下車 徒歩9分
  ※新千歳空港からの快速エアポート 停車します
バス
 JR小樽駅から
   北海道中央バス [3 小樽市内本線/6 望洋台線] 小樽駅前→若竹町 下車 徒歩約1分

【車】
駐車場あり。
鳥居と反対側になります。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
JR北海道
北海道中央バス



スポンサーリンク


参考ホームページ


北海道神社庁 潮見ヶ岡神社
小樽市公式ホームページ





スポンサーリンク



参考:北海道神社庁ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)
   小樽市公式ホームページ

inserted by FC2 system tml>