朝里神社 小樽市  旧社格:村社

祭神


保食神(うけもちのかみ)

由緒


1834年(天保 5年)   創立される。
1875年(明治 8年)   村社に列する。
1915年(大正 4年)11月 社殿老朽化の為、現境内地300坪程の寄付をあおぎ、移転遷座する。社名を稲荷神社から朝里神社に改称する。
1953年(昭和28年)   宗教法人となる。
1958年(昭和33年)頃  社殿横に朝里町民会館を建て、社務所として利用する。
1984年(昭和59年)   社殿老朽化の為新社殿に改築、8月遷座祭並びに奉祝祭を執行する。
1989年(平成元年)   演芸舞台を新築する。
 

境内


神社  鳥居から社殿。
 見てのとおり、こじんまりとしている。

神社  手水舎。

神社  社殿。


参拝ガイド


【所在地】
小樽市新光2丁目13番5号

【交通機関】
JR北海道
 朝里駅 下車 徒歩約15分
バス
 JR小樽前から
   北海道中央バス [3 小樽市内本線] 新光2丁目行き 朝里町 下車 徒歩約3分
 JR札幌駅前から
   北海道中央バス/JR北海道バス [高速おたる号] 新光 下車 徒歩約10分

【車】
駐車場なし。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
JR北海道
北海道中央バス
JR北海道バス



参考ホームページ


北海道神社庁 朝里神社





スポンサーリンク



参考:北海道神社庁ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)

inserted by FC2 system