狩太神社 虻田郡ニセコ町  旧社格:村社

「狩太」はニセコの旧名です。
狩太神社は、スキーリゾートで有名なニセコの総鎮守です。

祭神


大己貴命 (おおなむちのみこと)
少彦名命 (すくなひこなのみこと)
保食神  (うけもちのかみ)
埴安姫神 (はにやすひめのかみ)
菅原道真公(すがわらのみちざねこう)

由緒


1901年(明治34年)     真狩村から分村独立し、狩太村が成立する。
1904年(明治37年)     松岡陸三が社地700坪を献じて社殿を建立する。
1915年(大正 4年)11月 5日 神社創立を出願する。
1916年(大正 5年) 5月   創立の許可を得て本神社を創立する。
1925年(大正14年) 7月21日 社殿改築の許可を得る。
         9月 7日 現社殿が落成する。
1926年(大正15年) 8月22日 村社に列格する。
1928年(昭和 3年) 9月 7日 神饌幣帛料供進指定神社となる。
1942年(昭和17年) 9月   菅原道真公を合祀する。
1953年(昭和28年)     宗教法人となる。
1964年(昭和39年)     所在地の狩太町がニセコ町へ町名改称する。

境内


神社  社名碑。
 「村社」の箇所が塗りつぶされている。

神社  狩太総鎮守の碑。
 社名碑と対になって建っている。

神社  一の鳥居。
 道道66号線に面して建っている。
 車で参拝の場合は、車のまま一の鳥居から境内に入る。

神社  二の鳥居。
 駐車場は二の鳥居の横。
 二の鳥居から先は車両乗り入れ禁止。

神社  手水舎。

神社  社殿。
 大正十四年落成。

神社  一の鳥居近くの狛犬 阿形。

神社  一の鳥居近くの狛犬 吽形。

神社  社殿前の狛犬 阿形。

神社  社殿前の狛犬 吽形。


石碑等


神社  百度石。

神社  喜寿記念に奉納された日高石2個。
 昭和五十年十月奉納。

神社  初老記念の碑。


参拝ガイド


【所在地】
虻田郡ニセコ町字本通218番地

【交通機関】
JR北海道
 函館本線 ニセコ駅 下車 徒歩約15分
バス
 JR札幌駅(札幌駅前ターミナル)から
   北海道中央バス [高速ニセコ号] 神社前 下車すぐ
 JR小樽駅から
   ニセコバス [小樽線]ニセコ駅前行き(急行) 神社前 下車すぐ

【車】
駐車場あり。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
JR北海道
北海道中央バス
ニセコバス
 


スポンサーリンク


参考ホームページ


北海道神社庁 狩太神社
ウィキペディア ニセコ町





スポンサーリンク



参考:北海道神社庁ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)
   ニセコ町史

inserted by FC2 system