曽我神社 虻田郡ニセコ町

祭神


天照皇大神
八幡大神


由緒


1901年(明治34年)  曽我子爵が開拓を始める。
1904年(明治37年)  創建。
※由緒は調査中


境内


神社  境内への橋。
 谷を跨ぐ橋の途中から、参道となる橋が分岐している。

神社  一の鳥居。
 橋の途中に建っている。

神社  二の鳥居。
 橋を渡り、石段を登った所に建っている。

神社  社殿。
 小さいが黒くて渋い。

神社  手水鉢。
 自然石を活かした「アート」になっている。



参拝ガイド


【所在地】
虻田郡ニセコ町曽我127

【交通機関】
JR北海道
 函館本線 ニセコ駅 下車 徒歩約30分
バス
 JR札幌駅(札幌駅前ターミナル)から
   北海道中央バス [高速ニセコ号] 本通り 徒歩約25分
 JR小樽駅から
   ニセコバス ニセコ駅前行き(急行) 本通り 徒歩約25分
 ※神社近くを通るバス路線はありません

【車】
駐車場は橋の両側の駐車スペースをご利用下さい。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
JR北海道
北海道中央バス
ニセコバス
 


参考ホームページ


ウィキペディア ニセコ町





スポンサーリンク



参考:フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)
   ニセコ町史

inserted by FC2 system