女代神社 余市郡仁木町  

祭神


高皇産霊神(たみみむすびのかみ)


由緒


1895年(明治28年) 銀山の開祖山川滝五郎が移住の際、故郷但馬国(現兵庫県豊岡市)から女代神社の御分霊を勧請し鎮座崇敬してき
         た(リンクは豊岡市の女代神社公式ホームページ)。
1907年(明治40年) 創立される。
1908年(明治41年) 社殿を建築する。
1964年(昭和39年) 現社殿を造営する。


境内


神社  鳥居。
 平成五年九月十日建立。

神社  社殿。

神社  境内の三本杉。
 根元は1本だが幹が3本に分かれている。



石碑等


神社  地神塔。
 平成元年九月建立。




参拝ガイド


【所在地】
余市郡仁木町銀山1丁411番地

【交通機関】
JR北海道
 函館本線 銀山駅 下車 徒歩約5分
バス
 JR余市前から
   北海道中央バス [銀山線] 尾根内行き/赤井川行き 銀山農協 下車 徒歩約15分
    ※本数が非常に少ないです

【車】
境内に駐車可。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
JR北海道
北海道中央バス
 


参考ホームページ


北海道神社庁 女代神社
ウィキペディア 仁木町





スポンサーリンク



参考:北海道神社庁ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)
   新仁木町史

inserted by FC2 system