湯澤神社 登別市  
 
登別温泉の温泉街に建つ湯澤神社。
温泉で「まったり」した後に、ゆけむりにつつまれた境内の散策をすれば「極楽」です・・・「地獄」もすぐ近くですが。
 

祭神

 
誉田別命(ほんだわけのみこと/応神天皇)
大己貴尊(おおなむちのみこと/大国主神)
少彦名尊(すくなびこなのみこと)
滝川乃湯元翁尊(たきがわのゆもとおきなのみこと/登別温泉を開いた滝本金蔵翁)
 

由緒

 
1845年(弘化 2年) 「北海道」の名付け親である松浦武四郎が、登別温泉に立ち寄る。
1858年(安政 5年) 登別温泉の開拓者であった滝本金蔵が、同地に既存していた祠をその地の産土神社として祀る。
※由緒は調査中です※
 

境内

 
境内 鳥居および社名碑。
石段を上がった先が境内。

境内 手水舎。

境内 拝殿。
 


境内 狛犬 阿形。
台座には「昭和四十七年四月二十九日」と「平成二年九月二十八日」の二つの日付が刻まれている。

境内 狛犬 吽形。

 

石碑等

 
石碑 瀧川乃湯本翁命碑(左)と滝本翁記念碑(右)。
滝本翁記念碑には、八幡神社や湯沢神社の宮司を務めた佐藤守雄の句「碑(いしぶみ)に尽(つき)ぬいさをや苔の花」が刻まれている。

 

参拝ガイド

 
【所在地】
 登別市登別温泉町106
 
【交通機関】
 バス
  JR登別駅前から
    道南バス [登別駅前⇔登別温泉] 第一滝本前 下車 徒歩約2分
    ※室間からの便もあり
 
【車】
 駐車場なし。
 近くの地獄谷駐車場(有料)をご利用下さい。
 
※時刻等は各交通機関のホームページでご確認下さい※
 
 
 
 
 

地獄谷の薬師如来

 
登別温泉の観光名所の「中心」である地獄谷。過去の噴火によって生じた爆裂火口跡でです。
地獄谷には遊歩道が完備されており、手軽に「地獄」を楽しむことができます。
遊歩道を降りていくと、薬師如来堂が建っています。

薬師如来堂 緑の点線の箇所が薬師如来堂です。

この薬師如来堂には、1861年(文久元年)に硫黄を採掘していた南部藩の家臣が、お堂の下で湧く温泉で眼を洗ったところ、眼病が治ったことから、お礼に寄進した石碑が安置されています。
今では「目の湯」として親しまれています。

薬師如来堂 神社の祠の様に見えますが、「仏様」です。

 

その他あれこれ

 
人気の温泉地である登別温泉。大昔はアイヌの人々が温泉を薬湯として重宝していたそうです。
現在は、世界各地から温泉を楽しむ方々が訪れています。
温泉街をぶらぶら歩けば・・・聞こえるのは、日本語「以外」が圧倒的です。

その他 閻魔大王からくり山車。
1993年(平成5年)に登別地獄まつりの第30回記念事業として製作されました。
「からくり」が動く時刻になると、「多言語」の人だかりになります。

その他 温泉街の夜景。
源泉は「地獄」谷ですが、ホテルの中は「極楽」です。

 
 

参考ホームページ

 
登別国際観光コンベンション協会
神社人 湯澤神社
ウィキペディア 登別温泉
 
 
 
 
 
スポンサーリンク
 


参考:フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)
   北海道神社庁誌

inserted by FC2 system