阿分稲荷神社 増毛郡増毛町  旧社格:村社

祭神


保食大神(うけもちのおおかみ)


由緒


1894年(明治27年)11月   阿分村々民が、山城国官幣大社稲荷神社より御分霊を奉斎し、有志の寄付金を得て創立を出願する。
1896年(明治29年) 6月   設立の許可を受ける。
1901年(明治34年) 7月   建築物が完成する。
1910年(明治43年) 6月25日 村社に列せられる。
1946年(昭和21年)     宗教法人として認可される。


境内


 社名碑と鳥居。

 社殿に向かって鳥居が並ぶ。
 参道の途中に、留萌本線が横切っていた。

 手水舎。

 社殿。

 狛犬 阿形。

 狛犬 吽形。



参拝ガイド


【所在地】
増毛郡増毛町阿分252番地

【交通機関】
JR北海道
 鉄道路線は廃止されました。
 (留萌本線 阿分駅 2016年12月5日 廃止)
バス
 JR留萌駅から
   沿岸バス [留萌別苅(増毛)線] 大別苅行き 阿分第2 下車 徒歩約1分

【車】
駐車場あり(鳥居の前に駐車スペース)。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
JR北海道
沿岸バス



その他あれこれ


阿分稲荷神社の参道の途中を、JR留萌本線が横切っていた。
正式な踏み切りでは無い(警報機も何も無い)ので、要注意だった。

 阿分稲荷神社の前を横切るキハ40。
 もう、この光景は見られない。



参考ホームページ


北海道神社庁 阿分稲荷神社
増毛観光情報局




スポンサーリンク



参考:北海道神社庁ホームページ
   増毛観光情報局
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)
   増毛町史/増毛町概史

inserted by FC2 system