中の島神社 札幌市豊平区  

祭神


大国主命 (おおくにぬしのみこと)
稲倉魂命 (いなくらたまのみこと)
水波能売神(みずはのめのみこと)
弁天宮命 (べんてんぐうのみこと) ※戦後に道立水産孵化場から合祀

由緒


1877年(明治10年) 開拓者が地域守護のため、現在の中の島1条2丁目の大木に祀ったのが最初といわれている。
大正初期     現在地に移転する。
1935年(昭和10年) 氏子有志によって社殿を造営した。
終戦後      道立水産孵化場の御祭神、弁天宮命を合祀する。

境内


境内  鳥居。
 幹線道路の札幌環状線に面して建っている。

境内  社名碑。
 昭和三十四年九月建立。

境内  社殿。

境内  手水石。
 昭和天皇の御即位御大典を記念し、昭和三年に手水の石
 を当時の住民神社世話人等が自ら馬車を駆して豊平河畔
 へ乗り入れ、巨大な川石を運搬され奉納されたもの。

境内  狛犬 阿形。
 平成三年五月奉納。

境内  狛犬 吽形。


石碑等


境内  祈武運長久の碑。
 紀元二千六百年=昭和十五年=西暦1940年 奉納。

境内  御神木、夫婦神木。
 樹齢200年以上のハルニレの大木。

境内  2本の御神木には「地の神」が宿っていると伝えられる。
 触れると足腰の疲れ、肩こり、健康回復、頭脳明晰、夫婦
 円満、縁結び、不老長寿等に良いと言われている。
 お近くにお越し方は、ぜひ御神木に触れてほしい。

 【注意】
  御神木から授かるご利益には「個人差」があります


参拝ガイド


【所在地】
札幌市豊平区中の島2条3丁目7-35

【交通機関】
札幌市営地下鉄
 南北線 中の島駅 下車 徒歩約8分
バス
 JR札幌駅前から
   北海道中央バス [79 89] 羊ヶ丘展望台行き/福住3条9丁目行き/西岡4条14丁目行き 中の島駅 下車 徒歩約8分

【車】
駐車場なし。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
JR北海道
札幌市交通局
北海道中央バス



参考ホームページ


札幌市豊平区役所 とよひらふるさと再発見
ウィキペディア 中の島 (札幌市)




スポンサーリンク



参考:フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)
   札幌市豊平区役所 公式ホームページ
   さっぽろ文庫 39 札幌の寺社

inserted by FC2 system