南線神社 石狩市  

祭神


大物主大神(おおものぬしのおおかみ)

由緒


1881年(明治14年)   横井元八以下14戸の香川県人が南線地域に入植する。
1897年(明治30年)   片山謙蔵が故郷の金刀比羅宮に参拝して御神札をもらい、樽川村南6線(後の花川南5条5丁目)に小祠を建立
           する。
1905年(明治38年)   現在の花川南4条1丁目に遷座する。
1917年(大正 6年)   現在の花川南2条2丁目に遷座する。
1928年(昭和 3年)   町村農場より境内地の寄贈を受ける。
1970年(昭和45年)   新札幌団地造成のため、現在地に遷座する。
1974年(昭和49年)   社務所を新築する。
1977年(昭和52年)12月 宗教法人となる。
1982年(昭和57年)   本殿・幣殿の増改築を行う。
1989年(平成元年)   牛馬大神碑台座の修復を行う。
1993年(平成 5年)   拝殿・社務所増改築を氏子崇敬者の奉賛により竣工する。
1996年(平成 8年)   石狩町が市制施行し、所在地が石狩市となる。


境内


境内  鳥居及び社名碑。

境内  手水舎。

境内  社殿。

境内  狛犬 阿形。

境内  狛犬 吽形。



石碑等


石碑  地神塔。

石碑  町村農場発祥之地の碑。
 町村農場は南線神社の寄進を行っている。

石碑  開田之碑。

石碑  牛馬大神碑。

石碑  南線神社 創建百年碑。



参拝ガイド


【所在地】
石狩市花川南3条1丁目24番地

【交通機関】
バス
 札幌市営地下鉄 南北線 麻布駅から
   北海道中央バス [麻13/麻14他 屯田線] 花畔行き/石狩庁舎前行き 花川4条1丁目 下車 徒歩約2分
   中央バス札幌ターミナル/地下鉄東豊線栄町からの便もあり

【車】
駐車場なし。
鳥居の横になんとか駐車。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
札幌市交通局
北海道中央バス



参考ホームページ


北海道神社庁 南線神社
ウィキペディア 南線神社




スポンサーリンク
 


参考:北海道神社庁ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)
   石狩市役所ホームページ

inserted by FC2 system