札比内神社 樺戸郡月形町

祭神


天照大神  (あまてらすおおかみ)
品陀別命  (ほんだわけのみこと)
健御賀豆智命(たけみかずちのみこと)
天児屋根命 (あめのこやねのみこと)
大己貴神  (おおなむちのかみ)
大国魂神  (おおくにたまのかみ)
少彦名神  (すくなひこなのかみ)


由緒


1912年(明治45年) 札比内の厚軽白内地区に、厚軽臼内神社(祭神は天照大神)を創祀する。
1914年(大正 3年) 札北内の北に位置する新宮農場住民の守護神を祀るため、3号農場に札北内神社(祭神は品陀別命)を創祀する。
1920年(大正 9年) 厚軽臼内神社が、岩本農場の高台に移転し、社号を大沼神社と改称する。
(年代不詳)    大沼神社が、札北内全域の中心になる所に再度神社を移転する事になり、月北神社と社号を改め奉遷する。
1938年(昭和13年) 以前より合祀の機運が生じていた月北神社と札北内神社を合祀する。
1943年(昭和18年) 腐朽した社殿を改築するため、新宮商行より境内地の提供を受ける。7月着工、9月10日竣工、9月12日遷座する。


境内


 鳥居から社殿を望む。

 手水舎。
 手水鉢はなぜか横倒し。
 ボーフラ防止の為か?

 社殿。

 狛犬 阿形。

 狛犬 吽形。



石碑等


 地神塔。

 坂口茂次郎翁顕彰之碑。
 坂口茂次郎は、新宮商行(境内地を提供した会社)を創立
 した4名のうちの一人です。



参拝ガイド


【所在地】
樺戸郡月形町字札比内999番地

【交通機関】
JR北海道
 学園都市線(札沼線) 札比内駅 下車 徒歩7分
  【注意】列車の本数が少ない上、路線の廃止が持ち上がっています

【車】
駐車場なし。
神社前の道は狭い農道です。通行に注意して下さい。
ぎりぎり鳥居の前に駐車しました。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
JR北海道


参考ホームページ


北海道神社庁 札比内神社




スポンサーリンク



参考:北海道神社庁ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)

inserted by FC2 system tml>