神恵川神社 岩内郡共和町  

祭神


天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
八幡大神 (はちまんおおかみ)
水天宮大神(すいてんぐうのおおかみ)


由緒


1887年(明治20年)     谷川松太郎の裏山に標柱を建てて、開拓守護神として青年団が地神を祀る。
1905年(明治38年) 9月10日 現在地に小祠を建て神社創立を出願し、無格社となる。
1947年(昭和22年)     神恵川神社として宗教法人となる。
1950年(昭和25年) 9月   社殿を改築する。
1965年(昭和40年) 7月22日 三吉大明神・水松沢神社(祭神:八幡大神)を合祀する。
1988年(昭和63年) 3月18日 創立百年記念大祭を斎行する。


境内


神社  鳥居。

神社  社殿。
 境内は「荒れた」状態。

神社  「アート」な灯篭。



石碑等


神社  田坂農場開放記念碑。
 鳥居の並びに建っている。

神社  馬頭観世音 相馬妙見宮の碑。



参拝ガイド


【所在地】
岩内郡共和町発足239番地16

【交通機関】
バス
 JR倶知安駅/小沢駅から
   ニセコバス [小沢線(前田旭経由)] 岩内ターミナル行き 幌似 下車 徒歩約20分

【車】
境内に駐車可。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
JR北海道
ニセコバス
 


参考ホームページ


北海道神社庁 神恵川神社
ウィキペディア 共和町





スポンサーリンク



参考:北海道神社庁ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)

inserted by FC2 system