大麻神社 江別市

大麻神社に神職は常駐していません。御朱印は錦山天満宮で頂けます。

祭神


天照大御神(あまてらすおおみかみ)
稲倉魂命 (うがのみたまのみこと)
少名彦名神(すくなひこなのかみ)
大己貴命 (おおなむちのみこと)
埴山姫命 (はにやまひめのみこと)


由緒


1900年(明治33年) 麻畑(現在の江別市大麻の一部)に最初に入植した福屋角助が、大麻の小高い丘に「八百萬神」と記した角柱を建
         て祭りを行った。
         同年、大曲の平本与三吉の宅地にも小祠を建立し祭祀し、続いて明石石之助も小祠を建立し「十二錦山神社」とし
         て開拓者の寄りどころとした。
1919年(大正 8年) 上記3社に加え他地区の小祠2柱を合祀し、現在の位置に本殿拝殿を御造営、社名を大麻神社と呼称した。
1977年(昭和52年) 境内に大麻馬頭観音堂が建てられる。


境内


境内  鳥居及び社名碑。

境内  手水舎。

境内  社殿。

境内  狛犬 阿形。

境内  狛犬 吽形。



摂末社


摂末社  大麻馬頭観音堂。
 本尊は馬頭観世音菩薩 三体。
 愛馬が急死した中田幸太郎氏が、亡馬の供養のために
 1925年(大正14年)3月 馬頭観音を建立した事に始まる。



石碑等


石碑  開村記念碑。



参拝ガイド


【所在地】
江別市大麻宮町3-2

【交通機関】
JR北海道
 函館本線 大麻駅 下車 徒歩約10分
バス
 札幌市営地下鉄 東西線 新さっぽろ駅から
   北海道中央バス [5/55] 江別市立病院行き/江別駅前行き 大麻14丁目 下車 徒歩約3分
 札幌市営地下鉄 東西線 新さっぽろ駅から
   JR北海道バス [新24] 大麻14丁目行き 3番通14丁目 下車 徒歩約2分

【車】
神社としての駐車場なし。
勝手ながら、隣接した大麻元町自治会館の前に駐車させていただきました。

※交通の状況は、各交通機関のホームページ等でご確認下さい
JR北海道
札幌市交通局
北海道中央バス
JR北海道バス
 


スポンサーリンク


参考ホームページ

 
錦山天満宮公式ホームページ 大麻神社紹介
北海道神社庁 大麻神社




スポンサーリンク



参考:錦山天満宮公式ホームページ
   北海道神社庁ホームページ
   フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)

inserted by FC2 system